家路

b0131470_22581499.jpg


夕方、人も牛も家路に就く。
道路にはカウベルの音が響き渡る。

Nikon D70 + AF Nikkor 50mm F1.4D
<撮影地>タイ アユタヤ
[PR]
# by naozoom | 2007-06-06 22:56 | タイ | Trackback | Comments(0)

ソンクラーンの笑顔

b0131470_19462146.jpg

笑顔が好みだったので声を掛けて撮影させてもらいました。
全身ずぶ濡れなのにこの笑顔。水掛祭りの楽しみのひとつです。

Nikon D70 + AF Nikkor 85mm F1.8
<撮影地>タイ バンコク
[PR]
# by naozoom | 2007-06-05 19:45 | タイ | Trackback | Comments(0)

旅の空から

この道の向こうには何があるのだろう・・・。
あの景色の向こうには何が待ち受けているのだろう・・・。
そこへ行くと、どんな人たちが暮らしているのだろう・・・。
そんな好奇心が僕の旅の原点。

飛行機のチケットだけを買い、自分の行きたい国へ飛ぶ。
現地に着いてから宿を探し、バックパックをベッドに置いてホッと一息。
それからどこへ行くかは気分次第。気の向くまま、趣くまま。
全ては風任せ。

その土地で深呼吸をし、その土地のものを食べ、
その土地で暮らす人々と何気ない話しをする。

時には食事に招待され、時には酒宴に招待される。
時には泊めていただくこともある。

言葉も習慣も文化も違う土地。
悪い人間ももちろんいるが、心優しい人達はそれ以上いる。
見知らぬ土地で出会う人達の優しさは心にいつまでも残る。

異国の旅に出てみよう。
そこにはきっと貴方の知らなかった何かがあるはず。
それに気付き、見つけられるかは貴方次第。

旅にはたくさんの出会いがあり、出会いの数だけ別れがある。
そして、その後には再会がある。

良い旅を!!

Written by Naozo in 1996
[PR]
# by naozoom | 2007-06-04 16:26 | 旅の思い出&日記など | Trackback | Comments(0)

美味しい笑顔

b0131470_2224204.jpg

昔の日本は今とは違ってた。

男の子たちは外で野球をし、野山を駆け回り、ザリガニ釣りに出かけ、
メンコやビー玉、ベーゴマなどで遊んでいた。
女の子たちは外でママゴトをし、ゴム飛びではしゃぎ、おはじきやリリアン、
ピンクレディーの物まねをしたりして遊んでいた。
近所には年上のガキ大将や、悪いことをした子供を叱るおっかない
おじさんやおばさんが必ずいた。

自分の子供の頃は、家族と一緒の食事は幸せな時間だった。
カレーライスと焼き鮭がご馳走で、滅多に食卓に上がることはなかったけど、
遊び疲れて家に帰ったとき、台所からカレーライスや焼き鮭の匂いがすると、
夕飯の時間が待ち遠しかった。

隣のテーブルでは、家族で食事に来たのに親子の会話もなく、
料理が運ばれてきてもゲームを続けている子供がいる。
子供を叱ることもせず、ただ黙って料理を口に運ぶだけの両親がいる。
一口食べただけで「こんな不味いもん、食えないよ」といい、またゲームを
やり始める子供と、それを叱らない父親がいる。
自分が子供の頃は、親にそんなことを言ったら間違いなくゲンコツを食らって
飯抜きだった。

公園デビュー?! 何だ、そりゃぁ?
ゲームを持っていないと子供が学校でいじめに遭う?! ホントかよ?
昔もいじめはあったけど、今のような陰湿なものとは違っていた。
いじめるヤツよりも、いじめられている友達を助けるヤツの方が多かった。

今の日本には青っ洟をたらしているガキはもういない。
美味しいものを食べたとき、とびっきりの笑顔を見せる子供もいない。
しかし、アジアの国々ではそんな子供たちとの出会いがある。

<撮影地>タイ ナコン・パトム近郊
[PR]
# by naozoom | 2007-06-02 22:21 | タイ | Trackback | Comments(2)