<   2008年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧

真夜中のタラートで出会った猫たち

b0131470_1634315.jpg

「にいさん、写真撮るなら何か買っていきな!」
この問屋の看板猫がそういった気がした。

b0131470_16342454.jpg

「にいさん、あたしなんか撮ってどうすんの?」
そんな気がした。

b0131470_16344694.jpg

「眠いんだからニャ~、勝手に撮ってニャ~」
ごめんよぉ~、邪魔するつもりはないんだよ。

b0131470_1635969.jpg

数カット撮影していると、
「まだ撮るのニャ~、それならこんなのどうニャ~?」
面白いポーズで答えてくれました。

Nikon D70 + AF Nikkor 85mm F1.8
<撮影地>タイ バンコク
[PR]
by naozoom | 2008-02-29 16:38 | タイ | Trackback | Comments(0)

真夜中のタラート(3)

b0131470_2554425.jpg

真夜中のタラートには後姿美人も買い物にきていた。

Nikon D70 + AF Nikkor 85mm F1.8
<撮影地>タイ バンコク
[PR]
by naozoom | 2008-02-26 02:54 | タイ | Trackback | Comments(0)

真夜中のタラート(2)

b0131470_2515439.jpg

美味しそうな果物が並ぶ。

b0131470_2524526.jpg

山積みのスイカも売られている。

b0131470_2522193.jpg

ソムタム(パパイヤサラダ)用のカニです。

b0131470_253750.jpg

ペースト状の唐辛子。少々臭います。

Nikon D70 + AF Nikkor 85mm F1.8
<撮影地>タイ バンコク
[PR]
by naozoom | 2008-02-25 02:50 | タイ | Trackback | Comments(0)

真夜中のタラート(1)

午前1時過ぎのタラート(市場)。旅人はほとんどいない。
仕事を終えて食材を求めにきた人々、朝から売り出す商品を買いに
来た人々で静かに賑わっている。

b0131470_2482858.jpg

買い物に行ったまま戻らない客を待つトゥクトゥクのおにいさん。
頬杖姿が待ち時間の長さを物語る。
「はやく戻ってきてくれないかなぁ、参っちゃうよ」 そんな独り言を
いっている気がした。

b0131470_2484671.jpg

「ごめんよ、通るからそこをちょっと空けてくれぃ!」

b0131470_249491.jpg

人の行き交う真夜中のタラートにはトゥクトゥクの小さな車体が
よく似合う。買い物袋を満載にして走っていく。

朝夕のタラートとはまた違った雰囲気の良さがそこにはあった。

次回へ続きます。

Nikon D70 + AF Nikkor 85mm F1.8
<撮影地>タイ バンコク
[PR]
by naozoom | 2008-02-24 02:46 | タイ | Trackback | Comments(0)

ビフォー・アフター

散歩中に出会った一匹の犬にレンズを向ける。

b0131470_16301062.jpg

「にいさん、それは飛び道具じゃないだろうな?」
情けない声を出して脅える犬。

「落ち着け、写真を撮るだけだよ!」
タイ語でそういうと気持ちが伝わったのか、下のような顔に
なりました。

b0131470_1630292.jpg

「何だよぉ~、脅かさないでくれよぉ~」
ホッとした表情の犬に撮影のお礼をいって、その場を
後にしました。

Nikon D70 + AF Nikkor 85mm F1.8
<撮影地>タイ アユタヤ
[PR]
by naozoom | 2008-02-22 16:28 | タイ | Trackback | Comments(0)

ありがとづ

b0131470_2405012.jpg


ありがとう・・・ではなく「ありがとづ」
ありがとづ~、なんてどこかの方言にありそうな気もします。
この車の持ち主はこのステッカーを気に入っているのでしょうか?

<撮影地>タイ バンコク
[PR]
by naozoom | 2008-02-21 02:39 | あやしい日本語 | Trackback | Comments(0)

チャオプラヤー川クルージング(6)

 マハラート通りの歩道に並んだ露店を眺めていると
スッテカー屋さんがありました。どれでも1枚10バーツ。
 こんなものも売られていました。

b0131470_179294.jpg

 「駐車しないでください。ドアの開閉の妨げになります」
という意味のタイ語が書かれています。迷惑駐車されて
困っている家の人などが買っていくのでしょうね。

b0131470_1782418.jpg

 タマサート大学に向かってさらに北上を続けます。
 店が並ぶ場所にトゥクトゥクの修理工場がありました。
再塗装されてきれいになるのを待っているように見えます。

b0131470_1784371.jpg

 ワット・マハタート横のソイ(路地)には何台ものトゥクトゥクが
停まっています。ここまで来ればタマサート大学はすぐそこです。

 さて、歩き疲れました。半日の旅もそろそろ終わりに近づきます。
路線バスに乗って帰るとしますか。

Nikon D70 + AF Nikkor 50mm F1.4D
<撮影地>タイ バンコク
[PR]
by naozoom | 2008-02-19 17:06 | タイ | Trackback | Comments(0)

チャオプラヤー川クルージング(5)

b0131470_1744857.jpg

 再び渡し舟に乗り、ワット・ポー側に戻ります。船着場を
出ると、干物の良い香りが漂ってきます。問屋街では魚や
スルメが店先に並んでいます。

b0131470_174784.jpg

久しぶりにワット・ポーの中へ入ると入場料が値上がりして
いました。観光客と参拝に来た人々で賑わっています。
 諸外国からの観光客のためにトイレの案内板には英語表示が
あります。(タイ語表記はホーング ナームです)
 
観光客のほとんど来ないような場所ではトイレの表示は下の
ように書かれていることが多いです。

b0131470_1742619.jpg

 スカーと表示されています。これもトイレという意味です。

 明日はタマサート大学まで歩いていきます。

Nikon D70 + AF Nikkor 50mm F1.4D
<撮影地>タイ バンコク
[PR]
by naozoom | 2008-02-18 17:00 | タイ | Trackback | Comments(0)

チャオプラヤー川クルージング(4)

 欧米からの旅行者なのでしょうか、小型の船をチャーター
してクルージングを楽しんでいます。
b0131470_1659880.jpg


 ワット・ポーに近いター・ティアンの船着場で船を下りると、
対岸には暁の寺「ワット・アルン」があります。
 ここから見る夕景はすばらしいのですが、今日はひとまず
渡し舟に乗り換え、対岸へ行きます。
原油価格の値上がりが原因なのか、以前は1バーツだった
料金が3バーツに値上がりしていました。
b0131470_16592890.jpg


 ワット・アルンを訪れるのは何度目でしょうか。ここから見る
景色は10数年前とは少し違っています。この後、ワット・ポー
側に戻って見た約50年前のバンコクの写真ではさらに景色が
違っていました。
b0131470_16594422.jpg


 明日は王宮周辺の眺めをお送りします。

Nikon D70 + AF Nikkor 50mm F1.4D
<撮影地>タイ バンコク
[PR]
by naozoom | 2008-02-17 16:57 | タイ | Trackback | Comments(0)

チャオプラヤー川クルージング(3)

b0131470_1656451.jpg

 船上では何かを考えているのか、じっとチャオプラヤー川を
見つめている女性がいます。

b0131470_16562171.jpg

 川沿いに建つ家では、川の水で洗濯をしていました。

b0131470_16563956.jpg

 以前、上流地域に降った雨の影響でチャオプラヤー川が溢れ
たのを見たことがあります。このような家の住人たちは洪水の
際、どこかに非難するのでしょうか。

 明日はワット・アルンに到着です。

Nikon D70 + AF Nikkor 50mm F1.4D
<撮影地>タイ バンコク
[PR]
by naozoom | 2008-02-16 16:54 | タイ | Trackback | Comments(0)