人気ブログランキング |

<   2006年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

寂しくないのかな?

 オーストラリア人の友人(女性)に1枚の写真を見せてもらったのは10年前。
そこに写っていたのはトライク(ハンググライダーのような翼を持ち、エンジン付で
操縦席もある空飛ぶ乗り物)で1頭のキリンの上を飛ぶ彼女のボーイフレンド。
 キリンの上を飛んでいたので、てっきりアフリカで撮った写真か思ったら、何と
オーストラリアでした。
 オーストラリアには野生のキリンはいないし、動物園の上空は飛行許可を取る
のが難しいだろうし、冗談でしょと信じなかったんですが、
彼女の説明によると・・・ノーザンテリトリー(北部準州)に広大な土地を持つ
大地主が、輸入した1頭のキリンを自分の土地に放し飼いにしているんだとか。
 キリンを放し飼いできるほどの土地を所有しているなんてすごいなと思ったけど、
それよりも、1頭だけで寂しくないのかなという思いの方が大きかったです。
 今はもう1頭増えてペアになっているかもしれませんけどね。

b0131470_4461342.jpg

Nikon AF600 
<撮影地>オーストラリア ノーザンテリトリー
(世界の中心で愛なんか叫んじゃったりするところは此処)
by naozoom | 2006-07-30 04:44 | オーストラリア | Comments(0)

レストラノ?

友人と待ち合わせた場所へ歩いていると、
フカヒレ専門店の看板が目に入った。
近付くと、あれっ?
b0131470_1325048.jpg


「レストラノ」になってる。でも、奥の看板にはきちんと「レストラン」と
書いてあった。「ン」の点はどこへいったんでしょうかねぇ?
下に落ちてたりして・・・そんなことないか。

<撮影地>タイ バンコク
by naozoom | 2006-07-28 01:31 | あやしい日本語 | Comments(0)

彼女の正体

 突然、彼女に手を握られた。いや、捕まれた・・・。

 ビエンチャンに滞在中は毎日通っている食堂へ晩飯を食べに行った
帰り道、いつもなら噴水広場沿いの道を歩くのだけど、その日の晩は
気分を変えて広場の中を通った。
 周りより少し暗い場所にある広場の出入り口の横に若い女性がひとり
立っていた。年のころ二十歳すぎくらい。身長約160cmで長い黒髪が
きれいな細身の美人だ。ラオス人女性ではめったにみかけないジーンズを
履いている。(最近は増えてきてます)
 ジーンズ姿はめずらしいなぁと横目で彼女を見ながら通り過ぎようとした
とき、その女性にいきなり手を捕まれて驚く僕に、彼女は少しハスキーな
声の英語で言った。
 「アナタ、ドコニイキマスカ?」
 「えっ?ゲストハウスに戻るところだけど」
 「イッショニイキタイ」
 ははぁーん、彼女の目的が理解できた。ひとときの相手を探している
わけだね。でも、僕にはそんな気はない。
 「ごめん、一緒には行けないんだ。ひとりで帰るよ」
 「ダメー、イッショニイキマス」
 「あのね、僕は急いでいるの。ごめんね」
 そう言っても彼女は僕の手を離してくれず、しつこくせまってくる。
困ったな、女性だから強引に手を振りほどくのも悪い気がするし。

 しばらくの間、「イッショニイク」、「だめ」の続きを繰り返していると
彼女の声が気になりだした。かわいい顔に不似合いなハスキーな
声。もしや?顔ばかり見ていた視線を下げていくと、ああぁ、やっぱり!
喉仏が出てる。さらに視線を下げると足がでかい。
 「オカマじゃないかぁぁぁぁぁ~!」
 
 断っておきますが、僕はオカマに対しても同性愛者に対しても、何の
偏見も持っていません。身近なところにそういった知人たちがいます。
そういったという表現はよくないかもしれませんが、とにかく偏見は
ありません。ですが、僕はストレートな男なので女が好きです。

 彼女の正体がわかった途端、それまでよりも力を込めて手を振りほど
こうとしたら、なんと、腕にしがみついてきた。はぁ、困ったな・・・。
その後、さらに「イッショニイク」、「だめ」を繰り返し、なんとか解放して
もらったのは10分ほどしてからのことでした。

                               ラオスにて
by naozoom | 2006-07-23 15:59 | 旅の思い出&日記など | Comments(0)

本日の昼めし!

b0131470_2328657.jpg

本日の昼めしはバミートムヤム!バミーナームのスープがトムヤムになったもの。
トムヤムというのはトムヤムクンのクン抜き、
つまりエビ抜きだと思ってくれると分かりやすいです。

美味いんだな、これが。
でも、辛いものが苦手な人は食べたら
口から火が出るだろうな。

PENTAX Optio S50
by naozoom | 2006-07-22 23:25 | 本日のメニュー | Comments(0)

本日のお昼はバミーナーム

今日の昼ごはんはタイ風ラーメン、バミーナーム。

b0131470_23235021.jpg
PENTAX Optio S50

このまま食べても美味しいけど、唐辛子をたっぷり、胡椒を少々、ナンプラーを少し入れるのが好みの味。美味しいっす。
by naozoom | 2006-07-19 23:26 | 本日のメニュー | Comments(0)

バンコクのタクシー その2

タイで製造されたタクシー車両。
この写真を見ると、あるべきものがないんです。
タイは暑いからって気付きましたが、何がないのか
分かりますか?

ヒント:真ん中あたりをよーく見るべし!


b0131470_17314625.jpg
<撮影地>バンコク
by naozoom | 2006-07-16 17:33 | タイ | Comments(0)

バガンに展望台?! 続き

バガンに高さ60メートルの展望台、総工費は300万USドルの予定。
これは展望台建設費用だけでなく、その周囲にできるであろう、いろいろな
施設なども含めての金額ってことだと思います。でも、高すぎるなぁ。
当時、4週間の滞在で使った金額を基に単純に計算すると、約1282年分
の滞在費になります。気が遠くなりそうですね。
by naozoom | 2006-07-15 15:32 | ミャンマー(ビルマ) | Comments(0)

バンコクのタクシー

バンコクには何故かバットマンのステッカーを貼っている
タクシーが数多く走っている。ドアミラー、フロントガラス、
リアガラス、はたまたボンネットにまで貼ってある。
 一体、なぜに??バンコクのタクシー運転手はバットマン
ファンが多いのかな?それとも別な理由でもあるのか?
 う~ん、謎だ・・・。タイの不思議のひとつに加えておこう。

b0131470_1729311.jpg

<撮影地>バンコク
by naozoom | 2006-07-14 17:27 | タイ | Comments(0)

バガンに展望台?!

b0131470_1530122.jpg


仏教世界三大遺跡といわれるひとつ、ミャンマーのバガン。
(他のふたつはカンボジアのアンコール遺跡、インドネシアのボロブドゥール)
広大でのどかな景色の中に点在するパゴタ群は訪れる者を魅了するところです。
 ずいぶん前に現地を訪れた際、そのうち観光化が進んでここも変わっていくの
かもしれないと勝手に想像していました。しかし、世界遺産に登録されているので
まさかそんなことはないだろうと思っていたら、先日、ミャンマー(ビルマ)関係の
ウェブサイトを検索していると、ある記事に目がとまりました。
 
 「バガンに高さ60メールの展望台を建てる計画・・・(中略)、建設が始まった・・・」

 おいおい、うそだろ?!あんなに景観の良い所に展望台を造っちゃうのかよ?
しかも総工費は300万USドルの予定?3億円以上じゃないの!なんじゃ、そりゃぁ?
よそ者が口出しできることではないけど、バガンはパゴタ群の美しさがすばらしい
のに、そんな場所に何でそんなに金のかかる展望台が必要なのか?景観壊れるし、
別なことに金を使った方がいいと思うのですが。

 バガンは何度も訪れたい場所のひとつですが、次に行ったときに展望台を
見たらがっかりするのかなぁ・・・。もう完成しちゃったんでしょうか?

Nikon AF600
<撮影地>ミャンマー(ビルマ)・バガン
by naozoom | 2006-07-12 15:29 | ミャンマー(ビルマ) | Comments(0)

バンコクのタクシー標灯2

このタイプのバンコクのタクシー標灯は
今のところ5種類確認しました。
写真の枠が赤タイプの他、紫・黄・オレンジの枠。
枠なし白タイプもあります。
もっとありそうなので気長に観察してみよう。

b0131470_17271173.jpg

<撮影地>バンコク
by naozoom | 2006-07-11 17:33 | タイ | Comments(0)