人気ブログランキング |

カテゴリ:オーストラリア( 91 )

F1オーストラリアGP2001の思い出

興味がない方には何のこっちゃでしょうが、
今年のF1第9戦トスカーナGPでタイ人の血を引くアレクサンダー・アルボンが
初の表彰台を獲得しました。

タイ人と結婚している私はそれを記念するわけではありませんが、今までこの
ブログに出さなかった写真をプリントスキャンして記事にします。
*撮影許可などは取っていましたので、変なツッコミはしないでくださいね。

2001年のF1オーストラリアGPのときは現地で暮らしていました。
今行かなければ観戦しに行くことはないだろうなと思ったので、開催地の
メルボルンへ行ってきましたよ。現地では首からパスを下げて4日間、
歩き回りながら写真撮影をしました。

F1オーストラリアGP2001の思い出_b0131470_18151535.jpg

ジョーダン・ホンダ
ハインツ=ハロルド・フィレンツェン、ヤルノ・トゥルーリのいたチーム。

F1オーストラリアGP2001の思い出_b0131470_18151628.jpg

若き日のキミ・ライコネン。2007年のチャンピオン。
このときはザウバーからF1にデビューした開幕戦です。
本人に撮影許可をもらって写真を撮りながらサイン待ち中で次は私でしたが、
前の晩に飲み過ぎたのが原因か、朝から酷い下痢でもらしそうになって自分の
順番を待てずに一番近いトイレに駆け込んだのでサインをもらえませんでした(涙~!!)
ウ○チをもらしてでもサインをもらっておくんだったと今でも思うオッサンです(笑)

F1オーストラリアGP2001の思い出_b0131470_18151613.jpg

最後はフリー走行中にマシンがストップしてパドックに戻る途中の
ミハエル・シューマッハーとフェラーリ。7度チャンピオンを獲得した
最高のドライバーのひとりです。
悲しい事故で大変な状態になってしまいましたが、いつの日か、再び
公衆の前に姿を現してくれることを祈り続けています。

Melbourne, Australia 2001

by naozoom | 2020-09-14 18:15 | オーストラリア | Comments(10)

バイクに乗りたい

バイクに乗りたい_b0131470_19254100.jpg
Western Australia, Australia 1991

写真はウェスタンオーストラリア州にあるNanbung National Parkの近くで
撮影したもの。(色褪せてしまったプリントをスキャンしました)

場所は下の地図の赤矢印の辺り。

バイクに乗りたい_b0131470_19255330.jpg

封印したはずのバイクに乗りたくて、このところムズムズしております(笑)
独身の頃のようなバイク一人旅はできなくても我慢できますが、夢の中でいい、
近場を思う存分走りたいなぁ。


そんなことを考える父ちゃんのキャラクターを自作してみました。
下の息子は気に入ってくれましたが、拙ブログをご覧になっている皆様は
どうでしょうか?(笑)
バイクに乗りたい_b0131470_19261790.jpg


by naozoom | 2020-09-01 19:20 | オーストラリア | Comments(4)

ドラえもんにお願いしたいこと

もしもこの世にドラえもんが実在するのなら、ポケットの中から出して
欲しいものは2つだけ。
まずはタイムマシンです。可能なら行きたい過去が3つありますが、それは
別としてどこでもドアを出してくれるなら迷うことなく即答します。
「バイクで旅したオーストラリアへ行きたい!!」ってね。

ドラえもんにお願いしたいこと_b0131470_20212260.jpg

近くにいたオーストラリア人観光客にシャッターを押してくださいと
お願いして撮ってもらったのは上の写真。

ドラえもんにお願いしたいこと_b0131470_20212966.jpg

その日はここにテントを張って寝ました。
居心地最高のところだったなぁ。

ドラえもんにお願いしたいこと_b0131470_20215302.jpg

赤矢印の辺りが撮影場所です。
「もう一度、行きたいですか?」・・・そう聞かれたら、今も変わることなく即答しますよ。
『俺にそんなことを聞く必要はないでしょう!!』ってね。

まあ、無理なライディングができるうちにもう一度バイクで一人旅をしたいという思いは
変わることがありませんが、結婚して家族のいる身になってからは妻子に父ちゃんの旅を
実際に経験させ、いろんなことを教えてあげたいですね。

スマホが使えない、インターネットが使えない、水が無い、他に人がいない、静寂に耐え
られない、それらは妻子には辛いでしょう。父ちゃんはそんなことは苦にならいない旅を
してきましたが、少しでもそれを教えてあげたいと思い続けています。

こんなことを記事にすると、また心無い批判コメントがあるのは無視します♪(笑)

South Australia, Australia 1991

by naozoom | 2020-07-04 20:20 | オーストラリア | Comments(10)

CT110

CT110_b0131470_17064939.jpg
Northern Territory, Australia 1996
※写真は過去記事に出したものです。

HONDA CT110に乗り、時速60キロでハイウェイを爆走中の友人夫妻。

CT110_b0131470_17371517.jpg

走っているのは上の地図の赤矢印の辺り。
私はYAMAHA XT600Eで時速100キロで走っているので、友人たちとは
40キロの速度差があります。
質問がきたのでここに書きますが、どのようにして撮影しているかというと

途中で停まって友人夫妻が通り過ぎるのを待ち、彼らの後から走って行って
追いつくまでの間にライディングジャケットの左胸のポケットに入れている
Nikon AF600をソフトケースから出してストラップを左手に引っ掛け、左手に
カメラを持ったまま追い越してから振り返ってノーファインダーで撮っています。
右手はバイクのスロットルを握ったままなので全ての作業は左手だけ。
バイクで走りながらなので慣れが必要です。事故を起こす危険もあるので
この撮影方法はお勧めしません。(笑)

地図の赤矢印から200~300キロ走るとこの動画の風景が広がっています。
こんなバイクを買ってこの動画のような旅をするのもいいなぁ。

by naozoom | 2020-06-20 15:00 | オーストラリア | Comments(10)

思い出の場所 オーストラリア

思い出の場所 オーストラリア_b0131470_21595207.jpg

オーストラリア最北端の地、Cape Yorkへはバイクに乗って2度行きました。
※過去記事は→こちらから

写真の場所は1991年のMusgrave Roadhouse。
ここには3度行きました。

思い出の場所 オーストラリア_b0131470_22061027.jpg

上の地図の赤矢印の辺りです。
何故、ここに3度行ったかという理由はそのうち記事にしようかなと
思っています。

実際に行けばご理解いただけますが、大変な道程ですが、本当に行って
良かったと思う場所のひとつです。

by naozoom | 2020-06-14 22:00 | オーストラリア | Comments(6)

Turn left

Turn left_b0131470_20014188.jpg

約600キロダートを走ってハイウェイに出て左折。
この日はキャラバンパーク(キャンプ場)にテントを張って荷物を
放り込み、いつものようにバイク整備をした後、5日ぶりのシャワーを
浴びて気分爽快だった。

その晩は車で旅をしているドイツ人の2人組に声を掛けられ、そこに
車で一人旅をしているオーストラリア人女性が加わり、お互いの旅の
話などをしながらしこたま酒を飲んだなぁ。
当時はあまり酒を飲めなかったので翌日は酷い二日酔いになって
しまい、走るのをやめて連泊を決めてのんびり過ごしていたのは
思い出のひとつです。

Turn left_b0131470_20032577.jpg

写真の場所は上の地図の赤矢印の辺り。
時速100キロでダートを走っている最中、路上に飛び出してくるカンガルーが
何頭もいて、彼らに衝突しないように上手くタイミングを合わせるために
スロットルワークに注意しながら走ったっけな。
その内の2頭はXR600Rで走る私の頭上を越えるジャンプ力を見せてくれたので
驚くとともに、バイクで走りながら跳んでいるカンガルーを下から見る経験を
したのも旅の思い出のひとつです。

Western Australia, Australia 1991

もうひとつ驚いたこと、それは・・・
周囲に人家など全く無いダートの途中で踏み切りの警報が作動しているので
バイクを停め、こんな所に列車が来るのかと思っていたら、来たのは
これまでに見た最長の貨物列車。速度が遅かったとはいえ、通過するのに
10分以上掛かっていたので全長は2~3キロくらいあったと思います。
下の動画の列車ですが、私が見たのはこれの倍以上の長さがありました。


by naozoom | 2020-06-12 20:00 | オーストラリア | Comments(6)

Perth

Perth_b0131470_18265227.jpg

プリントスキャンしたものを画質を落としてそのままアップしていますので、
汚れや色褪せは大目に見てください。

Western Australiaの州都Perth(パース)。
この街の郊外にある1軒家で約4週間を過ごしたことは良い思い出のひとつです。

写真撮影をした晩は現地で暮らす旅好きのオーストラリア人の家に招待され、
その人の家で乾杯しながらバルコニーで撮った1枚。

あれから29年。元気でいてくれることを願います。

Perth, Western Australia 1991

この曲を聴きながら当時の日々を思い返しています。



by naozoom | 2020-05-16 18:20 | オーストラリア | Comments(4)

インド洋に沈む夕陽

色褪せてしまったプリントをスキャンしたオーストラリアバイク旅の続きを。

インド洋に沈む夕陽_b0131470_22392908.jpg
インド洋に沈む夕陽。

当時は中学生の頃からの夢を実現させるために旅の資金を貯めること、
インターネットも携帯電話もなかったので情報収集に必死になっており、
全く話せない英語のことは無視してひとりで旅立ちましたが、
その英語が原因でかなり苦労をしました。今では良い思い出ですけどね。(笑)

インド洋に沈む夕陽_b0131470_22393854.jpg

この写真を撮ったのは上の地図の赤矢印のところ。
東海岸のシドニー到着後に中古のバイクを買うのも苦労して出発した旅でしたが、
自分の夢が実現して苦にはならず、楽しかったのは良い思い出です。
この地では映画「ホーム・アローン」を観るために映画館へ行ったのですが、
そこが変わった造りでした。

屋根があるのは半分だけで、他は屋外になっていて、スクリーン横の両側には
椰子の木がある映画館。
座席は折りたたみのサマーベッドのようなもので、自分が座った前列は上を
見上げると星空が広がる素敵な場所でした。
椰子の木を見ながら雪景色の映画を観るのには違和感がちょいとありましたが、
楽しかったなぁ。
それも旅の思い出のひとつになっています。

Cable beach, Broome, Western Australia 1991

by naozoom | 2020-01-10 22:30 | オーストラリア | Comments(6)

Go for The outback

Go for The outback_b0131470_17040411.jpg

今日は更新するつもりはなかったのですが、下の息子のためにネットでポチッと
やったシュラフ(寝袋)が家に届き、大喜びするのを見て気分がいいので
色褪せたプリントをスキャンしたオーストラリアのバイク旅の続きを。

連れて行ったことがないので毎回写真を見せて説明するだけですが、
「パパはママと結婚する前にこんな旅をしていたんだよ」と。

上の息子は長年付き合っている彼女と結婚するために日々を頑張っていますので
旅には出ないと思いますが、下の方から旅に出たいと言われたら迷うことなく
背中を押してやります。亡き親父と同じように。

seeing is believing

その言葉のとおり、父親である自分がこれまで経験してきたように好きなことを
やって欲しいですね。

Northern Territory, Australia 1991




今日は早出して朝からフル回転して早めに仕事を終えて帰宅し、
子供の頃のヒーローだったウルトラセブンのこの曲を聴きたい気分になり、
ビール片手に聴き入っております。(笑)

by naozoom | 2019-12-14 17:00 | オーストラリア | Comments(8)

Unforgettable Outback

Unforgettable Outback_b0131470_22291767.jpg

色褪せたプリントをスキャンした続きです。

Western AustraliaからNorthern Territoryへ続くこのダートは約1000km。
走っている間の対向車は1台だったかな。本当に誰にも会わない時間が続きます。

バイクのエンジンを止めると、無風のときは自分の心音が聴こえるほどの
静寂の世界が広がっています。
孤独や静寂に耐えられない人には絶対に勧めない場所ですが、私にとっては
最高の場所。独占できますからね。(笑)

このダートを抜けて町に出た後、キャラバンパークにテントを張って1週間ぶりの
シャワーを浴びました。過去記事は→こちらから

一昨日、当時の旅の夢を見ました。
目覚めてから旅に出たい衝動に駆られて出勤する気にならなかったなぁ。(笑)

しばらくの間は不定期更新でオーストラリアのバイク旅ネタを記事にします。

Northern Territory, Australia 1991




この動画の世界をバイクで一人旅しました。
行くのは大変ですが、そこには至福のひとときが待っているのです。
その魅力は行った人だけが理解できます♪

まあ、さらっと流してください。

by naozoom | 2019-12-13 22:20 | オーストラリア | Comments(6)