人気ブログランキング |

タイ正月ソンクラーン帰省 #3

b0131470_16022833.jpg

妻の実家に帰省したときに必ず行くのは笑顔の素敵なおばちゃんの営む食堂。

ここでまずオーダーするのはタイ風ラーメン、バミーナームの大盛り。
バンコクで食べる並よりも安い料金で、味はでらうま!

家族全員が好きな一品ですが、私は帰省中は何故か腹が減るのでこれだけでは
足りずにもう一品追加します。それは・・・

b0131470_16022813.jpg

ガパオ・サイ・オーン(モツとホーリーバジル炒めのせご飯)。
赤唐辛子と青唐辛子が入っているので辛いものが苦手な方には勧めませんが、
これにナムプラーや唐辛子漬けのナムプラーをかけて食べると爆裂に美味いです。

そんな朝飯を食いながら飲むものは・・・、次回へ続きます。

暑い土曜日の午後にこんな曲を聴いております。

Suphanburi, Thailand


にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村
by naozoom | 2019-04-20 16:00 | 本日のメニュー | Comments(8)
Commented by takeshi_kanazaw at 2019-04-21 10:25
懐かしい?食べものですね。ガパオ・サイ・オーンというのですか。
ご飯の上に肉や野菜の炒めものを載せるのは、タイの定番ですよね。
色んな種類があったような・・・。
ご飯に汁がしみ込んで・・・。うーん、食べたくなってきたな・・・・。
Commented by naozoom at 2019-04-21 15:30
>takeshi_kanazawさん

懐かしいですか?
ガパオ・サイ・オーンは美味しいタイ料理のひとつです。
ご飯の上にいろいろのせるのは種類が多く、多くのものを味わっています。
日本のタイ料理屋だとこちらの何倍もする値段ですが、たまには食べに
行かれるものいいんじゃないですか。
Commented by noboru-xp at 2019-04-22 05:55
やっぱり、タイ米は細長いですね。
Commented by manekinntetti at 2019-04-22 09:55
うわ~~~♪ 私の大好きな曲が聴けて嬉しい♪
と、言っても・・・映画「天使のラブソング」で出会ったんですけどね。
タイのごはん。食べたいです!日本で食べると高い・・・その食堂の味はでないでしょう
Commented by naozoom at 2019-04-22 20:56
>のぼるさん

インディカ米ですから細長いですね。
タイ産の日本米は高いので、我家ではいつもタイ米(ジャスミンライス)ですが、
おにぎりを作るときは水を多くしないと握るのにちょっと大変かな。
炒飯やカレーライスにはタイ米はとても合いますね。
Commented by naozoom at 2019-04-22 21:17
>テッチさん

「天使にラブソングを」(Sister Act)は好きな映画のひとつです。
修道院の院長役のマギー・スミスはその後、ハリー・ポッターシリーズで
ホグワーツ魔法魔術学校の教師になっていましたね。

タイ料理はタイで食べるのが現地価格で一番美味しいというのが自論です。
日本で食べるとこちらの何倍もしますが、タイ人が料理を作る店を薦めます。
オーダーするときに必ずこう言ってください。
「日本人向けの味付けではなく、タイでタイ人が食べる味付けにしてください!」
タイではなく、いくつかの国でタイ料理を食べましたが、メニューには載っていない
賄い料理が一番美味しかったです。口の中が火事になることもありましたけどね。(笑)
Commented by shoyou-tamo at 2019-04-29 22:26
ガパオはもちろんのこと、このラーメンの様な食べ物…
是非とも食べたいのですが、タイに行くしか無いですね!

命ある限り経験したいです!
しっかりと貯蓄して早めに行きます、なんせ、人生が短いもので………^_^
Commented by naozoom at 2019-04-30 21:37
>ショーオヤジさん

ガパオ・サイ・オーンの並が20バーツ、バミーナームの大盛が25バーツ。
合計で日本円にすると約160円です。バンコクだと80バーツ前後かな。
笑顔の素敵なおばちゃんの営む安くて本当に美味しい店です。
帰省する度に必ず行く、長年通っている食堂なんですよ。
日本にあるタイ料理屋で同じものを食べても味付けが??なのと、
料金は2品で1500~1800円位になると思います。
参考までに、一人身で贅沢をしなければ月に10万円あれば、こちらでは
余裕で過ごせます。それができるかどうかはその人次第ですので、
これ以上は控えます。(笑)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< タイ正月ソンクラーン帰省 #4 タイ正月ソンクラーン帰省 #2 >>