息子を乗せて

b0131470_21501448.jpg

先月、妻の実家に帰省したときに義弟にスクーターを借りて妻と夜市と
朝のタラート(市場)へ行ったことは記事に出しました。こちらから

それとは別に・・・
私がバイクに乗るのが大好きで、日本やいろんな国を一人旅した話や
写真を見せていましたが、実際に後ろに乗せてやったことがなかったので、
パパを信じてしっかりつかまっていなさい!と言ってから、初めて下の息子を
乗せて走ったんですよね。

帰宅後に感想を聞くと、楽しかったという返答に嬉しくなりました。
自分と同じようなことをして欲しいとは思っていませんが、バイクの
免許を取りたいと言われたら反論はできないですねぇ。

まあ、親バカのひとりごとですのでさらっと流してください。(笑)

Suphanburi, Thailand


にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村
[PR]
by naozoom | 2018-09-24 21:50 | タイ | Comments(10)
Commented by manekinntetti at 2018-09-25 05:59
naozoomさん♪ おはようございます~^^
息子ちゃんをバイクに乗せては、、、初めてだったんですね^^
気持ちが良くて、パパにがっしりとつかまって嬉しかったでしょうね。

あ・・・テッチおばさんの独り言でしたぁ(笑)
想像してしまったのでぇ(^_-)-☆
Commented by じぇにー at 2018-09-25 08:04 x
おぉ、この冒険欲そそる
アリゾナ砂漠のような
赤い道ええですね!!
どさくさ紛れに父ちゃんバイク
乗っかりたいほどです(笑

バイクで駆ける青春
いずれ親子で
味わえるかも?! 
Commented by maou29_v94 at 2018-09-25 09:09
自分結婚はしていますが子供はいないので...
でも子供がいたらバイクの後ろに乗せるの夢でした(笑)
今は、歳も取ったので奥さんすら乗せませんが
やはり老いた事で何かあったらというのが先に出ちゃって(苦笑)
細いタイヤと僅かに見えるヘッドライト周りから
ホンダのバイクでしょうかね!?
Commented by takeshi_kanazaw at 2018-09-25 10:05
親子旅の始まり?
いやいや、すぐに親子でバイク旅が現実化するだろうと予想します。
子供の成長は早いですからね・・・。
Commented by naozoom at 2018-09-25 20:55
>tettiさん

上の息子は何度も後ろに乗せて走りましたが、下は先月が初めてでした。
バイクで宙を飛んでいる写真や海外をバイクで一人旅したときの写真を
見せていたのと、結婚前の妻とタイの北の都チェンマイに旅行に行って
レンタルバイクを借りて初めて後ろに乗せて山のワインディングロードを
走ったときに楽しみ過ぎてしまい怖いと号泣されたときの話を聞かされて
いたので、父ちゃんがバイクで走る=怖いというイメージが出来上がって
しまっていたので今まで乗ってくれませんでした。(笑)
まあ、喜んでくれたので全てよしです♪
Commented by naozoom at 2018-09-25 21:04
> じぇにーさん

この道は脇道だったんですが、そのまま進んでいったら何か楽しそうだな
って、Naozoレーダーが反応したので走った道でしたが大正解でした。
一度後ろに乗ってみます?じぇにーさんが後ろに乗ってくれるなら、
途中でビールを売っている雑貨屋へ寄ってチャイヨーしますよ!(笑)

一緒に走れる日が来るのかなぁ・・・。
Commented by naozoom at 2018-09-25 21:13
> 魔王さん

ぜひ奥様を乗せてあげてください。
歳は関係ないと言うのが私の持論です。
もう少し歳を取ったら、タイカブの後ろに妻を乗せて長閑な
田舎の道をのんびりと走りたいと思っています。
例えが変ですが、日本のテレビCMに登場しそうな風景の中を
「最高に幸せだな~」と笑顔で走りたいですね。
タイヤマハのスクーターです。
Commented by naozoom at 2018-09-25 21:18
> takeshi_kanazawさん

う~ん、親子バイク旅ができるかなぁというのが実情です。
まずは下の息子の身体が丈夫になって、入退院を繰り返す
必要がなくなってから考えます。
そんな日が来たら、バイクの整備や修理も含めて自分の
知識や経験してきたことの全てを教えてやりたいです。
Commented by funicolare at 2018-09-27 02:49
息子が自分の趣味を理解してくれるほど、
父として嬉しいことはありません。
Commented by naozoom at 2018-09-27 21:17
>funicolareさん

コメントありがとうございます。
仰るとおりですね。亡き親父が黙って私の背中を押してくれことが
今ではよく理解できます。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< バンコク運河散歩 #66 Lovely Sunday >>