バイクでぐるぐる、酒飲んで頭グルグル / ラオス編

 河からの風が心地よく身体を通り抜けていく。目の前にはビールとつまみ
代わりのスナック菓子が並んでいる・・・

 ここはラオスの首都ビエンチャン。ラオスは、中国・ベトナム・カンボジア・タイ・
ミャンマーと国境を接する、海のない共産主義国だ。海はないが、大河メコンが
流れている。

 ある日の夕暮れ前、そのメコン川の畔にある国会議事堂・・・ではなく、
怪しげな洋館・・・でもなく、メコン川の上に建つ雰囲気の良いオープン・バー
の前に、日本・日本・ラオスの三人が集まり、これから世界平和についての
三者会談を始めようとしていた。

 バーに入り、店の女の子にこう告げる僕。
「コー ビア サーム ケオ! (ビール3本ちょうだい)」

 眺めの良いテーブルにつき、3人の会談が始まった。
Naozo 「いやー、平和だねぇ。景色は最高だし、何度来てもいいねぇ」
日本人の友人K 「でしょ?ここでのんびりビール飲むのがいいんだよ」
ラオス人の友人R 「いつも見てるからね、別に何とも思わない」
Naozo 「おい、オレのこのまったりしてる気分を壊さんでくれ」

 そんなやり取りをしていると、注文したビールを少年が運んできた。
じゃあ、まあ、とりあえず乾杯ってことで、「ラオスと日本の友好にカン
パーイ!」
 その後も三者会談は続く。もちろん、ラオスのビール、ビアラオを飲み
ながら。ちなみにこの会談は日本語と英語とラオス語とタイ語で行われ
ている。もう酔っ払っているから、わけわかんない状態。僕はといえ
ば、メコン川のゆったりした流れと対岸のタイをボケーっと眺めながら、
ビアラオを飲み続けている。
 「幸せだねぇ。あ~、日本になんて帰りたくねーよ」と言う僕に向かって、
ラオス在住4年になる友人Kがこう囁く。
 「仕事見つけて住んじゃえば?」
 「仕事っていってもねぇ、ないでしょ?」
 「そうだよな」
 「第一、オレ、ラオス語話せないぞ」 
 「そんなもん、いれば覚えるって」
 「そりゃ、そうだけどさぁ・・・」
 「まあ深く考えないで、飲も飲も!」
空いたグラスにビールを注がれ、ゴクゴクと飲んでしまう僕。はぁ・・・、
幸せだなぁ。どこが世界平和会議なのかって?いやー、ただ単にまっ
たりと飲んで酔っ払っちゃおうってだけなんだけどね。
 テーブルの上に空の瓶が何本も並んだ頃、本日の世界平和会議は
終了。ラオス人の友人Rに翌朝の約束を確認した後、友人Kの車で
ゲストハウスまで送ってもらった。
 酒気帯び運転だけど、ここは日本ではない。細かいことは気にせず、
ぐっすりと寝むった。

次回へ続く
[PR]
# by naozoom | 2007-02-15 16:20 | 旅日記など | Trackback | Comments(0)

意味は何?

b0131470_1551367.jpg


先日、友人(タイ人)の家に遊びに行ったときに近くの雑貨屋へ
行ったら、店の前に停めてあったスクーターのシート下のステッ
カーが気になった。

『がんばの太び』って書いてある。
しかも怪しげな中国人風の男がケツを出して立ちションしてる
絵柄だ。これは一体何??

<撮影地>タイ バンコク
[PR]
# by naozoom | 2007-02-14 01:53 | あやしい日本語 | Trackback | Comments(0)

新年・・・

b0131470_19321151.jpg


とっくにあけてますが、あけましておめでとうございます。
超多忙な日々を送っており、久しぶりのブログ更新になって
しまいました。
今年もあやしい日本語・好奇心的路上風景をはじめとして、
旅や日常のことを更新していきます。

昨年に続き、年末年始は手長エビとカニ三昧。BBQグリル
で焼いた手長エビをタレに付け、ひとくち食べてはビールを
ゴクリ。いやぁ~、美味しかったです。
去年は確か1キロ200バーツだったと記憶してますが、
洪水の影響で今年は1キロ250バーツとかなり値上がりし
てました。
[PR]
# by naozoom | 2007-01-14 23:44 | 本日のメニュー | Trackback | Comments(0)

サメット島 その7

 昨夜はぐっすり眠ったので、気持ちよく目覚めた。昨日の朝はひとりで
散歩に出かけてしまったので、今日は嫁さんと一緒に浜辺を歩く。11時
くらいには島を出なければいけないけど、もう1泊したいなぁ・・・。
 パッキングしてからみんなで食事へ行き、10時にチェックアウト。来た
ときと同じようにソンテウに乗って桟橋まで戻った。

 次にここへ来られるのはいつだろう・・・。

b0131470_1620569.jpg

<バンペーとサメット島を結ぶ船>
[PR]
# by naozoom | 2006-12-16 16:18 | タイ | Trackback | Comments(0)