カテゴリ:カンボジア( 11 )

雨宿りで出会った少女

b0131470_13485179.jpg


アンコール遺跡巡りをしていると空模様が怪しくなり、大粒の雨が
降ってきた。
道路沿いにあった店に駆け込み雨宿りをしていると、同じように
雨宿りをしにきた女の子と出会った。
笑顔がとてもかわいい子だったなぁ。
あれから14年。君はどうしているのかと今でも思い出す。

<撮影地>カンボジア アンコール遺跡 1996年
画像は以前の更新に出したものです。

ブログランキングに参加中!ポチッとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ タイ・ブログランキング
[PR]
by naozoom | 2010-10-02 13:51 | カンボジア | Trackback | Comments(0)

カンボジアで日本の味

b0131470_1133334.jpg


初めてカンボジアを訪れたのは96年。実は前年から数ヶ国の旅を続けており、
日本の味に飢えていました。オーストラリアで暮らす友人宅の庭で育てた野菜や
買ってきた食材を使って食事を作ったり、たまに"きよぶた"(清水の舞台のあれ
です。笑)と言いながら、ちょっと贅沢して日本食屋でラーメンを喰ったりはしていま
したが、恋しいものは恋しいです。はは。
海外で暮らしている現在も長旅をしていた当時と殆ど変わりません。金さえ出せば
日本料理屋で旨いものは喰えますが、値段が高過ぎて年に数回行ければいい方。
そんな自分が心から喰いたいモノは懐かしい庶民の味です。それも旅行者向けでは
なく、地元の人々が食べているものの中にある日本の味に近いものです。

カンボジアの首都プノンペンの街を散歩し、1泊2USドルの宿に戻る途中、風にのって
懐かしい匂いが漂ってきました。オーストラリアの半径100キロに自分だけという場所で
研ぎ澄まされた僕の嗅覚が鋭く反応!屋台で料理をしているおばちゃんのもとへ駆け
寄り、作っているものを凝視すると、麺が短いものの、日本の焼きうどんそのものでした。
言葉が通じないことなんて関係ありません。すぐに料金を聞いて注文です。
皿に盛られたそれに喰らいつくと、正しく日本の焼きうどんの味でした。しかも、すごく旨い!!
鰹節をかけてあれば何も言うことなしの完璧な旨さでしたね。
当時、1USドルが2600リエルでしたが、焼うどんは1杯500リエルだったのを今も鮮明に
覚えています。プノンペンに滞在中は連日のように通ったのは言うまでもありません。

シェムリアップに移動後、プノンペンにあったのだからここにもあるはずと探し続けたら、ある日の
朝、いい匂いを漂わせながらこちらに来る屋台を発見。やはり、ありましたよー、焼うどんが!
その屋台は泊まっていたゲストハウスの前を毎朝7時頃に通るらしく、見つけた翌日からは
6時過ぎに起きて通いました。1杯300リエル。すんげー、旨かったですね(笑)
あれから13年以上経ちましたが、今でも忘れられない味のひとつです。

Nikon AF600
<撮影地>カンボジア アンコール遺跡 96年


ブログランキングに参加中!ポチッとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]
by naozoom | 2009-08-18 11:36 | カンボジア | Trackback | Comments(6)

嵐を呼ぶ男

b0131470_2472740.jpg


以前、ありがたくないことに雨男なんて呼ばれていたことがある。
それは行く先々で雨が降るからだった。偶然にしては多すぎた。
初めて海外の旅に出たオーストラリア以来、行く先々で雨が
迎えてくれた。昨日まで晴天だったというのに、自分が到着した日
から大雨で洪水になり、道路が冠水して乗る予定のバスが出発
できなかったこともありました。
初めてタイへ飛んだときも、タイ航空機が高度を下げ、もうすぐ着陸と
いうときに何気なく外を見ると稲妻が横に走り、窓には大粒の雨が
当たっていたなぁ。
バンコクからプノンペンに飛んだときもそう、空港からゲストハウスに
向かう途中、それまでの晴天が嘘のように空が暗くなり始め、窓の
ない部屋に荷物を置き、ひと休みしてから外を眺めにいくと、道路は
写真のように洪水でした。
カンボジアでも雨かよ、そう呟いたのを覚えています・・・と書きつつ、
今では笑い話になるほど雨に迎えられることはなくなりましたね。
これも日頃の行いがいいからだろう・・・なんてことはあるわけないな(笑)

Nikon AF600
<撮影地>カンボジア プノンペン 96年

ブログランキングに参加中!ポチッとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]
by naozoom | 2009-04-05 02:50 | カンボジア | Trackback | Comments(4)

後姿(25) カンボジア

b0131470_2491246.jpg


トタンを日除けにし、アンコール遺跡を修復作業中のクメール女性。
細かい手仕事をしばらく眺めていた。

<撮影地>カンボジア アンコール遺跡 96年

ブログランキングに参加中!ポチッとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]
by naozoom | 2009-02-25 02:52 | カンボジア | Trackback | Comments(6)

国境

今日は違うものをアップするつもりでしたが予定を変更して

b0131470_2541231.jpg


初めて海外に飛び出してからもうすぐ18年。
そんな自分が初めて徒歩で国境を越えたのがここでした。
この道を歩いていくと、その先はベトナム。
写真の真ん中にある上部がとんがっているゲートの右側に
カンボジアのイミグレーションがありました。何故かウキウキ
しながらベトナムに入国したのを今でも覚えています。

<撮影地>カンボジア・ベトナム国境 96年

ブログランキングに参加中!ポチッとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ

>アンコール・ワット
[PR]
by naozoom | 2008-12-10 02:57 | カンボジア | Trackback | Comments(6)

カンボジアの子供たち

エキサイトに移行する際、データを移し忘れていたので新しく・・

b0131470_0515152.jpg


旅しているときに人懐っこい子供たちと一緒に遊ぶことが多い。
あの日、あの場所で出会ったあの子達は今どうしているんだろう・・・。

<撮影地>カンボジア シェムリアップ

ブログランキングに参加中!ポチッとお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]
by naozoom | 2008-10-05 00:52 | カンボジア | Trackback | Comments(4)

後姿(4) カンボジア

b0131470_15254949.jpg


Nikon AF600
<撮影地>カンボジア トンレサップ ’96
[PR]
by naozoom | 2008-04-18 15:12 | カンボジア | Trackback | Comments(0)

懐かしの旅(2) カンボジア

b0131470_1714512.jpg


アンコール遺跡巡りをした後、数日間は朝日と夕日を見に
アンコール・ワットに通い、昼間は散歩に出かけた。
歩いていると路上の洗車屋さんを見つけたので話しかけて
みたが、お互い言葉が分からずに話ができなかったのが
残念。

Nikon AF600
<撮影地>カンボジア シェムリアップ ’96年
[PR]
by naozoom | 2008-03-19 17:13 | カンボジア | Trackback | Comments(0)

アンコールワット

b0131470_16365358.jpg


 ’96年にカンボジアを訪れ、長年の夢だったアンコールワットを
この目で見たとき、感動で鳥肌が立った。

Nikon AF600
<撮影地>カンボジア アンコール・ワット
[PR]
by naozoom | 2007-06-29 16:35 | カンボジア | Trackback | Comments(0)

雨宿りで出会った天使

b0131470_19413474.jpg


アンコール遺跡巡りをしていると、急に空模様が怪しくなり、
バケツをひっくり返したような強い雨が降ってきた。
近くにあった店に飛び込み雨宿り。
そこで笑顔のかわいい女の子と出会った。

Nikon AF600
<撮影地>カンボジア アンコール遺跡
[PR]
by naozoom | 2007-06-01 19:40 | カンボジア | Trackback | Comments(0)